スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
NHOM#10 BEST OF MEET AWARD

NHOM#10へ沢山のご来場ありがとうございましたエクステンション

 

アノ日から一か月程経ち、落ち着いた皆さんの思いをもう一度揺り起こすべくアワードカーの紹介をしたいと思います。

 

 自己紹介が遅れました・・・アセアセ今回も「BEST OF MEET」の選考という、とても重要な役をやらせて頂きました。

鈴木です。

 

570台という、とてつもない多さの中「イチバンを選ぶ」というのはとてもとても大変でして・・・暑い

1台1台、おひとりおひとりとお話しを聞いて回ればすごいエピソードが聞き出せるのでしょうが、時間も自分の気力ももたないので最終的には数台に絞った中から、私の好みでの決定とさせて頂きました。

 

 

今回アワードを贈らせて頂いたのは神奈川県から86年式720トラックでお越しの相田様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

注目したポイントは・・・

 

逆輸入車なので左ハンドル。

ボルト1本にまでこだわり、7年という時間を掛けたレストア。

Z24エンジンの純正ツインプラグヘッドからZ18ヘッドに換装、シンプルな見た目へ。

サイドドラフトのキャブとフジツボ製タコ足&マフラー引き直しで、吸排気の効率アップ。

オートマから5速マニュアルへ載せ替え。

ブレーキはR32(スカイライン)のタイプMキャリパーで制動力もアップ。

wheelはアメ車ピッチのBoyd Daisyを国産ピッチへ加工し、きれいに収める為にリヤホーシングをナロード。

ボディは3インチのチャネリング。

エアサスではなく、生足。

 

短い時間でお話させて頂いただけでもこの内容。

 

仕上がって3年程乗られているそうですが、黒色をキレイに保つのはとても大変だと思います。

minitruckの世界はフレーム車がベースとなる事が多いので、モノコックよりも過激なカスタムも多く見られます。

流行の最先端を取り入れたスタイルも凄いと思いますが、私よりも10歳程先輩の相田様が当時のスタイルにこだわって

現代の加工技術を取り入れて完成されている姿がとてもカッコイイと思います。

 

クルマのキレイさ、仕上がりの凄さと相田様の720のスタイルへのこだわりの強さがひしひしと伝わってきたのが

アワード選考の決めてとなりました。

 

いつまでもクールな720で走って下さいね!

 

 

 

この度は本当におめでとうございましたエクステンション

 

 

 

 

 

 

表彰式で何気なく言った「床の間に飾って下さいね!」にお答え頂きありがとうございますショボン

 

 

 

 

| NHOA | 21:22 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 21:22 | - | - |

Profile

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Category

Entry

Comment -> ->
  • MIRACLE SUNDAY! ナカヨシ9
    またへ〜 (05/27)
  • MIRACLE SUNDAY! ナカヨシ9
    寿福ワークス (05/27)
  • 仲間のバイク屋さんと初めてのクイズ(笑)
    やま (04/28)
  • 仲間のバイク屋さんと初めてのクイズ(笑)
    STAFF (04/28)
  • 仲間のバイク屋さんと初めてのクイズ(笑)
    山川茂則 (04/28)
  • 仲間のバイク屋さんと初めてのクイズ(笑)
    STAFF (04/27)
  • 仲間のバイク屋さんと初めてのクイズ(笑)
    STOUT PICKUP (04/27)
  • -> ->

    Archives

    Link

    Search

    Others

    Mobile

    qrcode

    Sponsored Links